物置小屋の恐怖

物置に閉じ込められてしまう!?
信じられないような出来事が多発していたことが判明
いったいどうなっているのか???


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000201-yom-soci&kz=sociより

 東証1部上場の鋼材メーカー「淀川製鋼所」(本社・大阪市)が
2002年7月から05年5月まで販売した「ヨド物置」で、子供や高齢者らが閉じ込められるトラブルが7件発生していたことが、わかった。

 けが人は出ていないが、閉じ込めの危険性のある製品はすでに約11万台販売されている。昨年以降に販売した「ヨド倉庫」の一部で、設計ミスによる強度不足があったことも判明。同社はいずれも内部検査などで問題を把握、製品の仕様を変更するなどしたが、公表や自主回収は行っていない。

 同社によると、閉じ込めがあったのは、02年7月発売の「ヨド物置エルモ」と、04年4月発売の「ヨド蔵(くら)MD」。扉の取っ手に、閉じると簡易ロックがかかる「ラッチ機構」が付き、室内にはラッチ解除ボタンも備えていたが、04年8月以降、長野、静岡、滋賀各県で、解除ボタンを知らない子供や高齢者らが閉じ込められるトラブルが6件発生。



これは本当に信じられません
幸いなことに、怪我人などがでませんでした。
しかし、なぜ公表をしないんでしょうかね?

不二家やリンナイなどのように、
不祥事を隠すと更に、問題を徹底的に追及されるというのに

また、早めに公表をすれば、閉じ込められずに済んだ人も
多くいたと思いますし。

日本の企業体質はいったいどうなっているんでしょうね?


ちょっと前にネットの懸賞で図書券が当たった!
コレはきっと本を読めと神様がいっているに違いないぞ

http://suikas.sakura.ne.jp/mail.html
↑懸賞とかやってみたい人はコチラのリンクとかが役に立ちそう
どうやら,懸賞は量作戦で行くしかないのかなorz

銃弾送付!必死で質問封じに

よくテレビとかで生中継されている国会の討議
私もよく見るんですけど,安部総理の曖昧な回答やはぐらかす回答にじらされる感覚がします
はっきりとした答えが聞かれることはほとんどなく,いかに一般的な話や他の話題の話に
摺りかえるかということが圧倒的に多い感じがするのは私だけではないはず(そうよね?)
ある意味,そこらへんのお笑い芸によりも面白かったりすることもありますw
まぁ,私は「ですよ」が一番すきなんですけど,エンタの神様にも出なくなっちゃいましたねw
あーい,トゥイマシェーン!

さて,なんか大きく話がずれちゃったけど,
国会の討議に圧力がかかっていることが分かりました。

国会で質問を封じるために暴力団を使って圧力をかけたらしいんですよ

以下,Yahooニュースからの転載です
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000104-yom-soci


-----------------------(転載開始)-------------------

東京・南青山の土地整理事業にかかわった大証2部上場の不動産会社「平和奥田」(滋賀県東近江市)の相談役らが、国民新党の糸川正晃衆院議員(32)の国会質問を封じようと暴力団組員が同席する場で脅していた疑いが強まり、警視庁組織犯罪対策4課は22日、暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)の疑いで、この相談役を逮捕した。

 糸川議員は昨年2月の国会質問で土地整理事業を取り上げており、相談役は国会での追及が長引くと、平和奥田の利益が損なわれると恐れ、脅迫に及んだとみられる

 。糸川議員の事務所などには脅迫文や銃弾が送り付けられており、同課は関連も追及する。

 逮捕されたのは、千葉市中央区千葉港の山元康幸容疑者(49)。同課は一緒に脅迫行為に加わった滋賀県草津市の芥川正次・前市長(48)についても、同容疑で逮捕状を取り、行方を追っている


--------------------(転載終了)--------------------




銃弾と脅迫文が送られてくるとかテラコワス
本当にここまでやるのか・・・という感じですね
まさに,命がけ

やっぱり,なぜ質問されて困るようなことをするのか!
と強く思いますよね
悪いことをしたならば,それ相応の罪は免れません!

土地整理事業とか,建築事業での業者同士の癒着が最近よく問題になっているけど
徹底的に調べなおして欲しいものです!

それにしても銃弾ってどうやって入手するのかな? 海外?

宝石店放火殺人犯 ようやく死刑に

平成12年に従業員6名を殺害し,1億4000万円程度の金品を奪ったことして逮捕されている篠沢一男被告(55)にようやく最高裁で死刑判決が下りました。
これは,当然の結果だと思いますので,この判決を聞いたときは少し安心しました。
これでもし,死刑意外の刑であったとしたら,被害者の家族が本当に無念でなりません。
生きた状態で店ごと殺害というきわめて残忍すぎる行動
そして,あまりにも身勝手すぎる動機
被害者の家族の方の心情を考えると,本当になんともいけません

それにしても,もう6年以上の前の話なんですね
月日が流れるのは本当に早いものです
6年前だと私は高校生だったのか・・・・・
もう一度あの頃にもどりたいなんてねw

さて,この篠沢一男被告は死刑が確定したわけなんですが,
今までの死刑確定は98人だそうです
ということで,死刑確定は戦後初めて100人を越えるそうな

本当に物騒な事件が多いものですね。
もう少し,他の人の気持ちになって考えてくれる
そういう人が増えていって欲しいと心より願います。

また最近では,犯罪の低年齢化や教師の不祥事事件なども
目立ってきていますので,それらも何らかの解決策を講じる必要があるでしょう





<参考にさせて頂いたサイト様>

宇都宮宝石店放火殺人 被告の死刑確定へ 最高裁「殺害、冷酷かつ残虐」(Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000003-san-soci

宇都宮・宝石店6人焼殺:最高裁も極刑 なお募る遺族の怒り /栃木(livedoor ニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3039442/



今日はすき焼きですw

SNS終息への道!?

つい2年ほど前にSNSという言葉が出回るようになりました。
ソーシャル・ネットワーキング・サービスという物の略で今や誰もが
利用しているサービスです。
もちろん私も参加させていただいています。
SNSは特に2005年,2006年の2年間で爆発的に普及したように思います。
日記を無料で誰もが気軽に公開でき,なおかつコメントを残すことで普段は会えない友達同士でも
簡単にコミュニケーションが取れるのが大きいからでしょう。。。
また,コミュニティなどもたくさんあり,同じ趣味を持った人とも交流やイベントが持てるといったような
気軽に利用できる便利さが普及の一番の原因だと考えられます。
まさに地域という概念にとらわれずに出会いと同じコミュニケーションが取れる便利なツールだといえます。
最近では,携帯電話でもSNSができるエキモバというエキサイトが開発したものも誕生しています。

しかしながら,そのSNSにも情報漏洩という大きな問題点があります。
特に,去年の2006年では情報漏洩が顕著であったと思います。
通称「けつ毛バーガー」は2chを中心に大きく広まり,SNSに参加している人に
大きな不安を与えたことは記憶に新しいです。
情報漏洩は大抵winnyといったp2pソフトを利用することによって起き易いらしいですね。
よくニュースで警察や企業が顧客情報などを漏洩させたということをよく聞きます。
私自身も過去にウィルスに感染したこともあり,ネットには注意をして利用していますし,
そういった自らの情報を守るという姿勢は,これからのインターネット社会で重要でしょう

さて,話が少しそれてしまいましたね^^
で,SNSなんですが,今までは順調に会員数も伸びて多くの人に利用されているんですが,
ケツ毛バーガーなどの情報漏洩事件が起こり始めたあたりから株や信用がどんどん下がっていきました。
そして,ついにSNSブームが終息の兆しを見せ始めたようです。

CNET JAPAN様のサイトによると,

SNSの年間訪問者数は1104万人で、ブログサイトの年間訪問者数は2687万人、併用ユーザーは1057万人らしいです。
また,SNSの月間のユニークな推定訪問者数は2006年1月の241万人から跳ね上がり、2006年12月時点では469万人にも上っています。
しかしながら,視聴動向によると,1人あたりの月間平均視聴ページ数は2006年7月(522.6ページ)をピークに減少して、2006年12月は約391ページにもなりました。
更に、月間平均滞在時間も2006年6月(3時間13分17秒)をピークに減り続け、2006年12月には約2時間34分となっているとのことです。

そのようにSNSの利用状況が下がっている一方で、ブログの月間のユニークな推定訪問者数は2006年1月時点で1445万人、2006年12月時点では1592万人と若干ですが増加傾向にあります。また視聴動向をみると、2006年12月のブログサイト訪問者1人あたりの月間平均視聴ページ数は約93.9ページ、月間平均滞在時間は約55分で安定して推移してるんですね。


このことは,利用者が多くの情報漏洩の事件をきっかけに
自らの情報流出を恐れたための結果であるといえます。
ブログの閲覧率の向上としては,ホームページよりも最新の情報はブログなど
にあるケースが増えてきており,その結果増えてきていると思います。
やはりブログはホームページとは違い,htmlといったことを学ばずにすぐに
自分の書いた文書をネットに公開できるため,増えていっているのでしょう。

今後の注目としてはSNSがこれから本当に終息をたどっていってしまうのか
それとも,なんらかの情報漏洩に強いシステムなどを開発し,
以前のように利用する人が増えていくのか,,,

今後のSNSの動きには目が離せませんね


<本記事を書くのに参考にさせて頂いたサイト様>
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/19/news064.html
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20343439,00.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000001-maibz-ind

ちなみに私の周りでも日記を書いている人が極端に減りましたね^^;
SNSを運営している企業には頑張ってもらいたいです!!




タグ:SNS

過労!?バスの運転事故の謎

バスの運転ミスにより27人の死傷者が出てしまった事故から2日ほど立ちました。
当初より,ブレーキの後がなく居眠り運転による事故だと報道されてきました。
事実,事情聴取により「疲れていてうとうとしてしまっていた」と供述しています。
しかしながら,この事故は単なる居眠り運転で済ますことはできません。

なぜならば,事故を起こした被疑者は「あずみ野観光バス」の社長の長男であり,
事故の前日も大阪と長野までの間をバスで運転していたというのです。
つまり,満足のいく休憩も出来ずに続けて長時間バスの運転を行ったがために
このような事件は起こってしまったといえます。

なぜ,十分のいく休みが取れなかったのか・・・・
これがこの事件の最大のポイントでしょう。

テレビで観光業界の人は,時期により暇なときと忙しいときに分かれるといっています。
そして,忙しいときには人材が足りなくなってしまうらしいのです。
また,同業者も非常にたくさんいるために価格競争などが激化するために
人件費を削る必要がでてきて,社員に多大な負担がかかるといいます。

今,社長はどのような気持ちでいるのでしょうか・・・?
多くのけが人を出してしまった責任の所在はいったいどこなのでしょうか・・・?

単なる居眠り事故では済まされないこの事故
いろいろと考えさせられますね。


<この記事を書くのに参考にさせて頂いたサイト様>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000037-san-soci
http://deracine69.exblog.jp/4643040/


くれぐれも運転には気をつけましょうね
飲酒運転なんて絶対にだめですよっ!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。