宝石店放火殺人犯 ようやく死刑に

平成12年に従業員6名を殺害し,1億4000万円程度の金品を奪ったことして逮捕されている篠沢一男被告(55)にようやく最高裁で死刑判決が下りました。
これは,当然の結果だと思いますので,この判決を聞いたときは少し安心しました。
これでもし,死刑意外の刑であったとしたら,被害者の家族が本当に無念でなりません。
生きた状態で店ごと殺害というきわめて残忍すぎる行動
そして,あまりにも身勝手すぎる動機
被害者の家族の方の心情を考えると,本当になんともいけません

それにしても,もう6年以上の前の話なんですね
月日が流れるのは本当に早いものです
6年前だと私は高校生だったのか・・・・・
もう一度あの頃にもどりたいなんてねw

さて,この篠沢一男被告は死刑が確定したわけなんですが,
今までの死刑確定は98人だそうです
ということで,死刑確定は戦後初めて100人を越えるそうな

本当に物騒な事件が多いものですね。
もう少し,他の人の気持ちになって考えてくれる
そういう人が増えていって欲しいと心より願います。

また最近では,犯罪の低年齢化や教師の不祥事事件なども
目立ってきていますので,それらも何らかの解決策を講じる必要があるでしょう





<参考にさせて頂いたサイト様>

宇都宮宝石店放火殺人 被告の死刑確定へ 最高裁「殺害、冷酷かつ残虐」(Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000003-san-soci

宇都宮・宝石店6人焼殺:最高裁も極刑 なお募る遺族の怒り /栃木(livedoor ニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3039442/



今日はすき焼きですw

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。